S-Letのページ作成・編集機能

S-Let(エスレット)ページ編集画面

S-Letが持つオーサリング機能 5つの特長

①見たまま編集!表層同期型CMS

 

ログイン後、ページを編集する画面に入ると、公開されているWEBサイトのページがそのままの姿で表示されます。
編集したいパーツにマウスを乗せると、編集・移動・非表示・削除といったアイコンが表示されます。アイコンをクリックして直感的に操作をすることができます。ホームページ制作やページの編集がお手軽にできます。

S-Letリッチテキスト

②ドラッグ&ドロップで各パーツを設置

 

三面に分かれたページ編集画面の左側にパーツがずらっと並んでいます。いわばページを構成する部品です。
これらを真ん中の「ワークスペース」にドラッグ&ドロップで設置して、まるでパズルを組み立てるようにしてページを作成していきます。

③構造体ツリーでも操作&管理が可能

 

三面に分かれた右側は、ページの構造体をツリー構造で表現しています。ここでも編集などの操作が可能です。
実際操作に慣れてくると、この右側のツリー構造体での作業が早く効率的という意見が多いです。

S-Letページ構造体

④作業内容の履歴管理

 

ワークスペース上で、パーツの編集や移動など様々な作業を行うと、三面に分かれた画面の左下「履歴」のところに行った作業履歴が追加されます。
操作を誤った時や、あの時点に戻りたい、という時に重宝する機能です。

⑤デバイス別の画面切り替えがカンタン

 

PC、スマホなどデバイス別の画面切替もカンタンです。
例えばレスポンシブウェブデザインの場合であれば、スマホの画面幅に切り替えて、そのまま作業を進めるということも可能です。

S-Letモバイル対応

頻繁に更新するコンテンツにはカスタムパーツ化でスピードUP

S-Let(エスレット)でサイトを構築する場合、パターン化できるもの、複数ページにわたって設置されるものは、積極的にカスタムパーツで作成するようにします。


特に、運用時にサイトオーナーが頻繁に更新するコンテンツに関しては、更新に必要となるカスタムパーツは登録しておくようにすることで、納品後のページ修正も簡単になります。

 

カスタムパーツは、「コピー」と「参照」の2種類があります。

 

○コピー:

カスタムパーツが内包するパーツのセット一式がコピー設置され、設置後に個別の編集が可能です。例えば、パターン化された「見出し」「画像」「テキスト」等の組み合わせが複数個表示されるページ等で使用します。

 

○参照:

設置先での個別の編集が出来ませんが、参照元となるカスタムパーツの方を修正する事で、設置先の方に自動で反映されます。バナーや問い合わせフォームへのリンク等の、複数ページで共通化したい要素で使用します。

カスタムパーツ