代表挨拶

株式会社サンリキュール代表をやらせていただいております 羽田でございます。

サンリキュール社は現在、二つの短期目標を掲げ日々精進しております。

 

 一つめは 2020年 株式の上場です。

 二つめは 2025年 営業利益100億円企業の確立です。

 

株式市場の全上場企業数は3500社弱です。そのうち東北は50社弱、新潟を踏まえても100社に満たしません。本来、人口比率・マーケットを鑑みても、2~3倍あってもおかしくありません。そういう意味では東北上信越で新規上場をするという事は、歴史を残す意味でも非常に重要だと考えております。

 

次に営業利益100億企業の創出です。東北上信越の全上場企業で営業利益100億越えの企業は数社です。すなわち、東北を牽引する企業になることを意味しています。

 

我々は震災も経験し、多額の損害も受け経営基盤に大打撃を受けました。その際、強固な経営基盤と永続的な企業を構築することが非常に大事であると痛感しました。すなわち100億の営業利益=強固な基盤として、2025年の指標に致しました。天災があっても従業員を守れる、ステークホルダーを守れる、次なるビジネスチャンスのチャレンジができる事を実現できます。

 

この二つの短期目標、全従業員物心両面の幸福の追求を実現するべく、強烈な願望を心に抱き、謙虚に、誰にも負けない努力を行って参ります。

代表取締役社長 羽田智宏